エンダモロジーってどんなもの?

最終的に行くことにしたサロンの他でもエンダモロジーのトライアルを受けたことがあります。

どこにいっても共通の説明は、
エンダモロジー1回受ければ劇的な効果が得られるというものではなく
 目に見えて細くなったことを実感するには10回〜20回は受けてもらいます」
ということでした。

そして一通り説明が終わると、全身タイツの頭だけが無いようなスーツを渡されます。
これに着替えて施術をするとのことでした。
正直なところ初めてその全身タイツを着たときはおかしくて仕方がありませんでした。
《何これ。もじもじくん?(古)》わーい(嬉しい顔)

笑いをこらえながらいよいよ施術です。
エンダモロジーは、本人はベッドで寝転んでいるだけでいいのでとても楽です。
始める前に
「痛かったら痛いって言ってくださいね。痛いの我慢しても何にもならないから。」
と言われました。

そういえば昔、某健康番組でもイタ気持ちいいぐらいがちょうどよく
痛すぎるのを我慢するとかえってよくないと言っていたことを思い出し、
1人で納得しながら施術を受けました。

施術は全身タイツの上からマッサージ器のようなものでぐわんぐわんつかまれ、揉まれます
また、掃除機で吸われているかのように吸引されたりもします。
不思議なことに全く痛くなく、むしろ気持ちいいなあと思うところと
「いたたたたたっ!!」
悲鳴をあげそうなところがあるのです。
この痛い部分にセルライトがついているとのことで、揉みほぐしてセルライトを取っていくということでした。

「回数を重ねるとそのうち痛いところが気持ちよくなってきますよ。寝てしまう方もいます。」
と言われました。
「ほんとかなあ。」
と思っていましたが、施術が終わった今では本当だったと断言できます。

施術後は全身がほかほかしているのがわかりました。
血行がよくなっているんだなあと実感しました。

このエンダモロジー用のもじもじくんスーツですが、
どこのサロンでもお買い上げしなければなりません。
まあパンツ以外すべて脱いでその上に直接スーツを着るので衛生面からも、
そして何より気持ち的にもレンタルじゃない方がいいですね。
ところがいくつかサロンを回ってわかったことですが、
このもじもじくんスーツの値段がお店によって全く違うのです。
安いところは3500円、高いところは1万円しました。
痩身が終わってからも使えるものならいいですが、
こんなスーツ、正直なところコントでもやらない限り使い道はまずないでしょうから、
安いに越したことはないです。

<スポンサードリンク>


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。